オリジナルブログ

時代によって変わる眉

カテゴリー:メイク雑学

2020年06月14日

よく、眉は世相を反映すると言われますが

私がメイクに目覚めてからの数十年(笑)を振り返っても

細眉から太眉まで、時代と共に眉が変化しているんだなぁ~と思います

ちょっと調べてみました!年代ごとの眉の変遷(笑)

1980年代

バブル絶頂期の眉は、THE太眉!!

平野ノラさんのバブリーメイクでわかるように

太く濃く、眉頭から眉尻までやや長さのあるしっかり自己主張された眉

1985年に雇用機会均等法の誕生で、自立した女性の象徴を眉にも表れていたんでしょうね~

1990年代

バブルがはじけて不況になったこの時代は、一気に細眉に!!

安室奈美恵さんのブームで、ロングブーツにミニスカート、そして日焼けした肌

(この時代に自眉抜きすぎて生えてこなくなった~というお悩みの方多いです)

2000年代

リーマンショックがあったりとさらに不況が続いた時代

この時代は、男性受けを意識したメイクが主流に!

ラ〇コムのマスカラ重ねつけして、アイラインしっかりの囲みメイク

眉山しっかり角度つけたキレイ目眉

2010年以降

東日本大震災があったこのころは、志向が自然体に…

女性受け目線の、可愛い・キュートな眉

平行眉やボサ眉(あまりお手入れせずにナチュラルに自眉を生かした眉)

年代別でこんなにも眉の形が変化したのかとあらためて驚き( ゚Д゚)

眉は、その人の印象を変えるのはもちろんですが

世相をも象徴するものなんですね♪

日本は、令和に年号を変え2年が経ちました

さあさあ、これからどんな眉が流行るのでしょうか??( *´艸`)

最近では、SNSなどでいろいろな情報も得やすくなり

眉の形も多様化してきました★

でも、アートメイクで形を決めていく際に重要なのは

流行りにとらわれすぎずに、それぞれのお顔に合った形であること!

お顔に残るものだからこそ

長く愛される眉…

そして皆様に愛着を感じて頂ける眉創りを目指していきますね!!☺